するめを食べながら覚え書き

(一応)PCと園芸の話題がメインな、雑記系ブログです。くコ:彡
Home > ブログ > レビュー - PCパーツレビュー > TRON LegacyとRazerがコラボ。トロンゲーミングキーボードのレビュー その1

[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
発売日から少し時間がたってしまいましたが、TronとRazerがコラボした、ゲーミングキーボードTRON Designed by Razer (RZ03-00530100-R3M1)のレビューを書きたいと思います。

15d680ed.jpeg

スペックと機能
    * - 起動時および終了時のイルミネーション効果とサウンド効果
    * -  取り外し可能なモジュール式キーパッド (左右どちらにも取り付け可能)
    * - Hyperesponse™ 技術採用のチクレットキーキャップ構造
    * - ライティングアラートによるフルバックライトイルミネーション
    * - 長さ無制限のマクロによるプログラミング可能なキー    * - 最適なキー移動を実現するキー配置
    * - Ultrapolling (1000Hz Polling / 応答速度1ms)    * - 編組皮膜ケーブル
    * - キーボード寸法 (mm):   主要部 451 (幅) * 168.25 (奥行き) * 31(高さ)  
    * - Numパッド寸法(mm) 126.5 (幅) * 158 (奥行き) * 31(高さ)

Tronマウス同様、写真を沢山撮ったので、画像多めのレビューをしていきたいと思います。製品の雰囲気が伝われば幸いです。

cb48ddf1.jpeg
到着時にはTronのビニールカバーがついていました。この画像は外した後のパッケージです。机の上のAppleアルミニウムキーボードと比べるとかなり大きいことが判ります。また、とても重かったです。
c2329d77.jpeg ac5ccc62.jpeg
左:Tronマウス&パッドの時は、箱に直接保証書のシールが貼ってありましたが、今回は袋に貼ってありました。前回Tronグッズコレクターの人から、苦情が出たのでしょうか?
右:Tronマウス&パッド同様、紙のケースに説明書類が入っていました。ドライバーCDは入っていません。

箱と梱包のデザインは特に素晴らしいです。
f64050c3.jpeg 2900eaa8.jpeg
左:外枠を外すと中箱が出てきます。
右:中箱を開けると、天板がお目見え。

2cc95a06.jpeg
天板にはTRONの文字が書かれており、素材はアクリル?箱の重量の4分1は占めていそうな重い天板です。

c3125178.jpeg f8d72234.jpeg
左:天板を外すと、キーボードが現れます。
右:キーボードの下には、テンキー、ジョイントコネクター、説明書が入っています。

▼テンキー
a11ac3b1.jpeg 45a26d94.jpeg
テンキーは無駄に大きく、とてもアメリカンなサイズです。かなり場所を取ります。

e1e474d2.jpeg 4d71468c.jpeg
テンキーの裏です。両端に端子が付いて以下のジョイントコネクターを介してキーボードと接続します。正直、この部分は無駄な設計な気がします。キーボードにメス端子、テンキーにオス端子を付ければいいだけだと思うのですが・・・この構造が、テンキーのサイズを大きくする要因になっている感じです。また、パーツ数も増えるため、コストも多くかかっているのではないのか?と思わずにはいられません。

2c820be8.jpeg
金属の突起が、キーボードとテンキーに内蔵された磁石にくっついて固定されますが、がっちりキーボードとテンキーが固定されるわけではなく、手で揺さぶるとグラグラして簡単に抜けてしまいます。実用には問題ありませんが、テンキーの重さが伺い知れます。

▼キーボード
04bed72a.jpeg
キーボードを机に置いた様子です。この大きさななら許容できるのですが・・・

9d9a5975.jpeg
テンキーを付けるとデ、デカイ・・・。うちの環境だと、マウスを置くスペースが無くなります。買う前から判っていた事なんですけど、どうにもならなさそうです。


b497fee8.jpeg
キーボードの裏です。箱から取り出した時には保護シートが裏全面に貼ってあります。TRONの文字の周りは六角形のナット?をモチーフとした模様になっており、微細な凸凹のお陰でベタつかないのでさわり心地は良いです。

裏にはチルトスタンドが付いており、スタンドを起こす事でキーが入力しやすくなります。ただ、チルトさせた状態だと、見た目上の大きさが増えるので圧迫感が増します。なので、使うかどうかは迷います。。
712e4676.jpeg



540cc1cc.jpeg 97e8431c.jpeg
左:キーボード上側面にはマイクとヘッドホン端子がついています。
右:USB端子は2つ。ひとつはLEDの給電用端子です。ケーブルは布巻で丈夫かつ高級感があります。コネクタもデザインされており、つかみやすく刺し易くて良いです。フェライトコアは主にUSB用だと思われます。
特に音質面でのコダワリは感じられなく、マイク端子とヘッドホン端子は極普通のもの。金メッキ加工などはされていません。USBと途中まで一緒+ケーブルが細くシールドされていないため使用した限りではノイズを若干拾います。

長くなってきました。ライティングイルミネーションと使用感のレビューについて続きはまた次回。
※追記:諸事情により、この続きはありません。

◆ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
コメント
パスワード ※修正用  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ryuun
趣味:
PC全般、園芸、ゲーム、etc
自己紹介:
栃木在住。興味・趣味の範囲が広いので、ブログ内容はカオス気味です。
もし、記事に間違った部分があればコメントでツッコミを入れて下さい。
後、ゲームでは別なHNでプレイしているので、何処かでryuunさんを見かけても別人です。
カテゴリー
メインPCスペック
Windows10 Pro 64bit,
Intel Corei7-870(2.93GHz),
ASUS P7H55-M, Scythe 夜叉,
Patriot DDR3-1333(4GBx4),
PowerColor RADEON HD5850,
Scythe 超力2プラグイン 650W,
SS Temjin SST-TJ08B-E,
SoundBlaster Audigy Platinum,
Crucial m4(128GB),WD10EADS,
LG E2370V-BF,EIZO FG2421
Logicool MX-1000VX-R,
SteelSeries Qck(x2枚),
AppleKeybord MB869J/A,
KAZEMaster, NB-ELOOP B12-1
サブPCスペック
Windows10 Pro 64bit,
Intel Core i7 3770K(3.5 GHz),
GIGABYTE GA-B75M-D3H,
DDR3-1600(4GBx2),
ENERMAX LIBERTY ELT400AWT,
Cooler Master Silencio550,
CFD CSSD-S6T128NHG5Q,
WD20EFRX, PLEX PX-W3PE,
EarthSoft PT1PT2,
風マスター2,NB-ELOOP B12-1
所有スマホ・タブレット
HTC J butterfly (HTL23)
HTC EVO 3D (ISW12HT)
GALAXY S4 (SC-04E)
Amazon Fire HD8 (2017モデル)
メインでプレイ中のゲーム
・黒猫のウィズ (Android)
・白猫プロジェクト (Android)
・スプラトゥーン2 (NS)
不定期ぼやき枠
ブログは暫くお休み中
楽天市場(レビューするかも)
最新コメント
[10/14 ブランド偽物N品通販専門店]
[09/26 ryuun@管理人]
[09/24 りと]
[07/17 toku]
[03/03 ryuun@管理人]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
PCゲーム販売サイト(メモ用)
▼Steam (cc=jp)
Steam
▼GreenmanGaming(GMG)
GreenmanGaming(GMG)
▼GAMERSGATE(GG) (米国)
GAMERSGATE(GG)
▼GAMERSGATE(GG) (英国)
GAMERSGATE(GG)
▼YUplay(ロシア)
YUplay
▼GameStop
GameStop
▼Origin(日本)
Origin
▼Amazon(日本)
Amazon(日本)
IndieBundleセール開催サイト
▼The Humble Bundle(THB)
blogimg_gamebundle_thmb2.png
▼The Humble Bundle(THWS)
The Humble Bundle(THWS)
▼Indie Royale
Indie Royale
▼The Indie gala
The Indie gala
▼BUNDLE STARS.COM
BUNDLE STARS.COM
▼groupees
groupees
このブログのQRコード
カウンター
アクセス解析

Template by decoboko.jp