するめを食べながら覚え書き

(一応)PCと園芸の話題がメインな、雑記系ブログです。くコ:彡
Home > ブログ > レビュー - PCパーツレビュー > センチュリーのUSB電流・電圧チェッカー『CT-USB-PW』をレビュー

[797]  [796]  [795]  [794]  [793]  [792]  [791]  [790]  [789]  [788]  [787
USBの電流・電圧チェッカーを購入したので、レビューしたいと思います。
購入したのは、今年6月に発売されたCENTURY(センチュリー)のオリジナル商品、『USB Power Meter CT-USB-PW』です。値段はAmazonで2,709円でした。


◆レビュー


■パッケージ


blog20130809_usbpm_IMG_7741_mini800px.jpg
こちらがパッケージ。
同様のコンセプトの商品としては、2012年9月にビット・トレード・ワンから『USB接続 充電容量チェッカー』(完成品:2,980円)が販売していますが、そちらは電流計測に特化していて電圧が測れず保護カバーもありませんでした。
しかし、この商品は電流と電圧が測れれる上にUSB3.0に対応していて保護カバーも有り、完成度が高い商品となっています。
blog20130809_usbpm_IMG_7752_mini800px.jpg blog20130809_usbpm_IMG_7756_mini800px.jpg
パッケージには上部にはCENTECHとも書かれていますが、CENTECHは、センチュリーがオリジナル商品を出す時のオリジナルブランドの様です。
そして横にはMADE IN JAPANの文字。この文字だけで安心感が凄くあります。

保証は購入日から1年間でした。


■仕様


[CT-USB-PW] USB Power Meter | CENTECH - 製品ページ
USB機器用の電圧/電流チェッカーが発売に - AKIBA PC Hotline!

・商品名:
USB Power Meter
・電流値:精度 +/-2% (+/-0.04A  0.1 ~ 2.00A 間 )
・電圧値:精度 +/-1% (+/-0.05V  5V 時 )
・注意:0.05A 未満の電流値は計測対応しないため表示は 0.00A となります。
・型番:CT-USB-PW JAN:4549032005462

・サイズ:タテ22mm x ヨコ65.8mm x 幅10mm(突起部含まず)
・重量:約13g
・動作温度:5~35℃、動作温度:20~80%
(結露しないこと、接続するPCの動作範囲内である事)

・消費電流 10mA


■製品写真


▼正面
blog20130809_usbpm_IMG_7759_mini800px.jpg
USBチェッカーのサイズは丁度良いサイズで、一般的なUSBメモリー位のサイズです。
LCDパネルはモノクロ表示でバックライトはありませんが、バックライトが無い事でUSBチェッカーの消費電流は10mAと小さく、計測への影響が抑えられています。

blog20130809_usbpm_IMG_7759_mini800px_b.jpg
アップ写真。
カバーが、この手のシースルー商品で類を見ない程の透明感を持っていて、LCD表示や中身が綺麗に見えます。(※画面に擦り傷の様なものが見えますが、拭き残しです。)
LCDパネルが若干斜めになっていますが、許容範囲内です。特に表示などにも問題はありません。

モード切り替えボタンは、LCDパネルの横に配置されています。
blog20130809_usbpm_CT_USB_PW_daishi_03.jpg

▼裏面
blog20130809_usbpm_IMG_7763_mini800px_b.JPG
チップ抵抗やICチップが見えます。ハンダ付けはとても綺麗です。
ICチップは 上下にバーが入った『F』のロゴが入っているので富士通製だと思われます。
- 半導体メーカをロゴで探す - ※半導体メーカのリンク集さん

▼側面・メス端子
blog20130809_usbpm_IMG_7766_mini800px.jpg blog20130809_usbpm_IMG_7780_mini800px.jpg
厚みもUSBメモリー程度の厚みしかありません。
端子はUSB3.0対応という事もあり、青いです。


■計測テスト


・電圧チェック

メインPCのUSBポートの電圧を計測してみました。
尚、モード切り替えは以下の様になっています。

blog20130809_usbpm_CT_USB_PW_daishi_04.jpg

USBポートの電圧を計測するマザーボードはASUS P7H55-Mです。
blog20130809_usbpm_IMG_7791_mini800px.jpg
まず、正面側(フロントパネル)のUSBポートの電圧を測ってみた所、5.12Vでした。USBの電圧は5.00Vが規定値ですが、実際は少し高い位の電圧がベストな電圧となります。
実際、この高めの電圧のおかげか正面側のUSBは、接続するUSB機器との未認識問題が出た事はありません。

次に、よくUSB機器の未認識問題が起る、PC背面(バックパネル)のUSBポートの電圧を計測しました。
blog20130809_usbpm_IMG_7795_mini800px.jpg
( ^-^)・・・
裏側のUSBの電圧は、4.71Vしかありませんでした。
予想は付いていましたが低いですね。USBハブなどを挟んで複数のUSB機器を接続した場合、更に電圧が下がってしまうので、USB機器が動作せず、未認識問題が起るのも分かります。


消費電流チェック
先に書きますが、電流を測る時の注意点としては、「先に計測したいUSB機器を接続しない」事です。(※説明書や製品ページに記載)
先に計測したいUSB機器を接続してしまうと、正しい電流値を計測出来ません。
blog20130809_usbpm_001.jpg
製品ページの説明によると、理由は、計測精度を上げる為に消費電力が全くない状態を0Aの起点としてクリアするからだそうです。つまり、先に計測する機器を接続していると、電流を消費した状態を0Aとして起点にしてしまい、実際の消費電流を正しく計測できなくなってしまいます。
また、「0.05A以下の消費電力は計測出来ない」仕様なので、計測したいUSB機器の消費電力が小さい場合も注意が必要です。
(※その点、『USB接続 充電容量チェッカー』なら0~999mAの範囲で計測出来ますが、iPadなどの1Aを越えるUSB充電機器の電流値は表示非対応なので一長一短です。)


スマートフォンを充電した時の消費電流を計測してみました。
充電するのはHTC EVO 3Dで、ACアダプタはauの純正共有AC アダプタ MP-SEAです。
ACアダプタのスペックは、出力5.0V 1.0Aで、MITSUMI製です。

ACアダプタの出力電圧はチェッカーで測った所、USB規定値ピッタリの5.0V。充電中の消費電流は0.25A(250mA)でした。


最大電流値(PA)、最小電圧値(PV)チェック
最大電流値を記録してくれるので、消費電流が大きく変動する様な機器で最大電流のチェックに利用できたり、不定期に挿入される様な異常電流の大まかなチェックなどが出来ます。

また、最小電圧値の記録でも、急激な電圧低下があるかどうかをチェックする事で、突然、接続機器が認識されなくなった時などに、接続機器の問題かUSB側の問題かを切り分けるデータとして使う事が出来ます。


◆まとめ


テスターを使用すればUSBの電流・電圧のチェックは出来ますが、手軽では無いので、この様なUSBチェッカーをずっと待ち望んでいました。
購入して使用してみると製品の完成度が高い事が分かり、久しぶりに良い日本製品を購入できたと満足。何より、調子の悪いUSBポートの電圧の把握が簡単に出来るようになった事が嬉しい結果となりました。
また、友人・家族などにPCのメンテナンスやトラブル解決を頼まれる身としては、このチェッカーはとても便利なので購入して満足です。

ただ、一つ気がかりなのは値段が2,700円前後という事です。この値段だと私のようなPCマニアな層しか購入せず、需要が満たされた後は販売終了する可能性もあります。こういう製品は後になって壊れたり、もう1つ欲しいとなった時には既に手に入らない事があるので、もう1つ予備として購入しておくか検討中です。

※2014/02/03:単位間違いを修正、添削。


Amazonリンク

◆ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
コメント
パスワード ※修正用  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ryuun
趣味:
PC全般、園芸、ゲーム、etc
自己紹介:
栃木在住。興味・趣味の範囲が広いので、ブログ内容はカオス気味です。
もし、記事に間違った部分があればコメントでツッコミを入れて下さい。
後、ゲームでは別なHNでプレイしているので、何処かでryuunさんを見かけても別人です。
カテゴリー
メインPCスペック
Windows10 Pro 64bit,
Intel Corei7-870(2.93GHz),
ASUS P7H55-M, Scythe 夜叉,
Patriot DDR3-1333(4GBx4),
PowerColor RADEON HD5850,
Scythe 超力2プラグイン 650W,
SS Temjin SST-TJ08B-E,
SoundBlaster Audigy Platinum,
Crucial m4(128GB),WD10EADS,
LG E2370V-BF,EIZO FG2421
Logicool MX-1000VX-R,
SteelSeries Qck(x2枚),
AppleKeybord MB869J/A,
KAZEMaster, NB-ELOOP B12-1
サブPCスペック
Windows10 Pro 64bit,
Intel Core i7 3770K(3.5 GHz),
GIGABYTE GA-B75M-D3H,
DDR3-1600(4GBx2),
ENERMAX LIBERTY ELT400AWT,
Cooler Master Silencio550,
CFD CSSD-S6T128NHG5Q,
WD20EFRX, PLEX PX-W3PE,
EarthSoft PT1PT2,
風マスター2,NB-ELOOP B12-1
所有スマホ・タブレット
HTC J butterfly (HTL23)
HTC EVO 3D (ISW12HT)
GALAXY S4 (SC-04E)
Amazon Fire HD8 (2017モデル)
メインでプレイ中のゲーム
・黒猫のウィズ (Android)
・白猫プロジェクト (Android)
・スプラトゥーン2 (NS)
不定期ぼやき枠
ブログは暫くお休み中
楽天市場(レビューするかも)
最新コメント
[11/22 Best Apps for Android Mobile Phone]
[11/16 お砂糖さん]
[10/25 Sandra]
[10/14 ブランド偽物N品通販専門店]
[09/26 ryuun@管理人]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
PCゲーム販売サイト(メモ用)
▼Steam (cc=jp)
Steam
▼GreenmanGaming(GMG)
GreenmanGaming(GMG)
▼GAMERSGATE(GG) (米国)
GAMERSGATE(GG)
▼GAMERSGATE(GG) (英国)
GAMERSGATE(GG)
▼YUplay(ロシア)
YUplay
▼GameStop
GameStop
▼Origin(日本)
Origin
▼Amazon(日本)
Amazon(日本)
IndieBundleセール開催サイト
▼The Humble Bundle(THB)
blogimg_gamebundle_thmb2.png
▼The Humble Bundle(THWS)
The Humble Bundle(THWS)
▼Indie Royale
Indie Royale
▼The Indie gala
The Indie gala
▼BUNDLE STARS.COM
BUNDLE STARS.COM
▼groupees
groupees
このブログのQRコード
カウンター
アクセス解析

Template by decoboko.jp